ふつうのブログ

2017年6月16日

ひとりプロジェクト

farm-1

実はひそかに、昨年の年末から「ひとりプロジェクト」なるものをこっそり始めていました。

「ひとりプロジェクト」。誰にも迷惑かけず、自分のペースで、自分のやりたいことを、自分のお金でやってみるプロジェクトです(笑)。こういう名前にするだけで、初めてやることもなんだか肩の力がおりる、小心者です。

なにをやっているのかといいますと。
地元の産直に並ぶ高知ならではの地モノ食材たちを、高知の「食べ方」「飲み方」をつけたパッケージデザインにして、もうひとつの地元国立市に輸出する。というものです。FARM_tradeという名前ではじめました。

そしてこのほど、第一弾である「きしまめ茶」と「はぶ茶」が土佐山田町の地域密着スーパー「バリュー」さんと、国立市の地域密着八百屋の「くにたち野菜 しゅんかしゅんか」さんのご賛同・ご協力を得て両店舗で発売いたしました。生産者さんは、とってもパワフルで素敵な武内浪子さん。

shunka

「はぶ茶」と「きしまめ茶」は、高知の野草茶。産直のお茶コーナーにはだいたい並ぶ高知の野草茶ツートップです。晩夏〜初秋に収穫したはぶ草としまめを、釜で煎って、急速乾燥させたもの。どちらも農薬を使わずに栽培し、実はノンカフェイン。きしまめ茶は香ばしい香りと、スッキリした味わい。はぶ茶はまろやかな香りと、コクのある味わい。どちらも飲みやすいので、ハマってしまう方も多いです。私もきしまめ茶を冷やしていつも冷蔵庫に常備。3歳の息子はゴクゴク飲んでいます。

高知には、こういう季節ごとに地元の農家さんがつくった「地モノ」がたくさん産直コーナーに並びます。自家製の野草茶、季節の果物、手絞りの自家製柚子酢、天日で干した干し芋、露地物の野菜・・・・。地元の「おんちゃん」や「おばちゃん」がつくる素朴な商品には、だいたいラベルがない。裏ラベルに原材料表示と生産者さんの名前が書いてあるだけ。地元の人たちはそれぞれ好みの生産者さんがいて、名前と日付を見て買っていく。その感じがとても素敵だなと衝撃でした。地元の人と生産者さんの間の、ローカルならではの最低限でディープなコミュニケーション。

これをこのまま国立に届けたいけど、食文化の違う東京に持っていってもそのコミュニケーションは成立しないので、高知のおおらかな生産風景や食文化、食べ方飲み方を書いたものをパッケージデザインにして届けたいと思ったのがはじまりです。
farm-6
地モノ商品のおおらかな雰囲気を伝えたくて、ラベルはシールにはせずに袋に入れるだけ。「ざっとした感」を大事にデザインしました(笑)。作り方、飲み方などを詳しく書いています。内容量も、初めての人のお試し用に大小2サイズをつくりました(地モノ商品は大容量サイズで初心者にはハードル高い 笑)

生産量が多くない個人の生産者さんの「高知の地モノ商品」を、くにたちという小さなエリアに限定して「輸出」していくことで、大量生産、大量販売にはできないことがいろいろできる気がしています。地方と郊外。高知のローカルと、東京のローカル。それぞれの魅力をトレードし合い、お互いの畑を耕していくようなイメージで、この名前をつけました。

ただいまバリューさんとともに、農家さんの生産現場を見学させていただいています。どこも素晴らしい生産現場の風景と生産者さんばかりで、圧倒されます。この後も「緑茶」「原木しいたけ」「ゆのす(ゆず果汁)」、「ひがしやま」などの地モノ食材を届けていきたいと予定していますので、お楽しみに!

あ、気がつけば様々な方にたくさんご協力いただいて、もう「ひとりプロジェクト」ではなくなっていますね。
株式会社エマリコくにたち社長の菱沼さん、しゅんか店長の野花ちゃん、土佐山田ショッピングセンターの石川さん、かかし市の高木さん、ありがとうございます!国立と土佐山田という地元がある自分にできることを、小さくこつこつと。マイペースに進めていきたいと思います。

【FARM_trade 企画商品販売場所】
●東京都国立市:くにたち野菜 しゅんかしゅんか
●高知県土佐山田町:土佐山田ショッピングセンター バリュー(山田のかかし市内)