お客さんのこと

basework_main

東京都渋谷区/高知県香美市base works

パンフレット/名刺  

2015年

baseworks1baseworks2baseworks3

暮らしのベースは身体のベース

「靴は身体を支えるベースだから、暮しのベースがしっかりあるところでつくりたい」。base worksは、靴の学校です。靴だけでなく、小物や鞄など自分の好きなものをつくれるし、靴づくりを生業としたい人の専門コースもあります。base worksの勝見友彦さん・麻子さんが高知県香美市物部町の古民家を改修し、高知に拠点をつくったのは2012年の3月のこと。東京とは真逆の、まだ人の暮らしの地盤がある高知に感銘を受けて引っ越してきたそうです。2013年に平行して東京校を開校するにあたって、パンフレットと名刺のデザインのご依頼をいただきました。

ものづくりの時間

base worksの生徒さんは、ものづくりに関係している人が来ているのかな?と思いきや、そうでもない。「むしろ、まったく関係ないふつうの人がたくさん来てくれています。」と勝見さん。「日常生活の中であたりまえにものづくりの時間をつくってもらいたいし、自分の足をよく知って、自分の足に合った靴をはいてほしい。自分の足元をしっかりみつめることで、自分の暮しの足元がみえてくる。」 忙しい毎日の生活の中で、靴づくりの作業に集中すると、不思議と心が落ち着いて、見えないものが見えてくるような気がします。

近所のおばちゃんにも届くデザイン

自分の足を知る。型を選ぶ。革を選ぶ。ミシンをふむ。base worksが大事にしている靴づくりのプロセス。そのプロセスをシンプルに伝えることで、靴づくりは決して難しいことではなく、じつは自分でつくれるのでは?と思ってもらえるようなデザインにしました。 デザインの頭にあるのは近所のおばちゃん。これを渡して「私でもつくれそう、行ってみたいわね〜!」となればまずは大成功。

クツ つくる くらす base works
高知校:高知県香美市物部町大西82番地  TEL 0887-58-3566
東京校:東京都渋谷区西原3丁目19-1-B  TEL 03-3460-1125

写真:中島古英
コピーとデザイン:坂東真奈

baseworksnokoto

base worksさんのこと

ひょんなご縁でつながった物部町大西の工房の守り神様は猿の神様。二人の干支も申年。目に見えぬ力に引き寄せられて(むしろ引き寄せてるのか)、高知と東京を行き来しているパワフル夫婦。