お客さんのこと

kuronekonife_pic

高知県香美市土佐山田町土佐黒猫刃物

プロダクトデザイン

2017年

kuronekonife_image1 kuronekonife_image1 のコピーkuronekonife_image1 のコピー 4
kuronekonife_image1 のコピー 2

「ニャンという切れ味!」

高知県香美市土佐山田町は古くから土佐打刃物の産地。その土佐打刃物を販売されている土佐山田の奥ノ宮商店さんから「猫の形のナイフをつくりたい」というお話をいただきました。
両刃が特徴の土佐刃物。鋼をはさんだ鉄板をレーザーで切り抜いて形にし、釜で焼きます。その後、刃物職人さんが1点1点手作業で刃を研いでいきます。ほとんどの工程が手作業の製品。何回も試作をつくることができないので、スチレンボードで何回も試作を自作(笑)。1回だけ試作を制作してもらうと、しっぽが邪魔で刃が研ぎにくかったり、持ちにくかったり、猫の目の位置がずれてしまったりと課題がでました。
無事課題をクリアして、とってもかわいく使いやすい商品ができましたが、アイデアや見た目のかわいさだけでなく、使い勝手や職人さんの作りやすさ、コストなども考えなければならない、デザイナーの役割は重要だなと改めて考えさせていただいたお仕事でした。

この土佐黒猫刃物は、奥ノ宮商店さんのネットショップより購入できます!
土佐打刃物屋

企画・販売:奥ノ宮商店
刃物製作:山下哲
デザイン:坂東真奈
革ケース制作:WAQ WAQ

nekonife-1

奥ノ宮商店

土佐山田の酒屋さんの2Fに事務所をかまえ、こよなくお酒を愛する高知人。