お客さんのこと

rayslessontop

東京都国立市レイの英会話&仏会話レッスン

チラシ・名刺

2016年

ray'slesson-2ray'slesson-1

Hello!Bonjour!

フランス系アメリカ人のレイさんは2016年にパリから国立へ引っ越してきました。友人のご主人であるレイさんが、国立で英語とフランス語の個人レッスンを開業するので、そのチラシを作ってほしいというご依頼でした。

お話を伺いにご自宅へ行くと、まず居心地のよいお部屋が印象的でした。
白を基調にしたインテリア、センスよく生けられたお花、国立の緑の景色と柔らかな光が入る窓。まるでパリのアパルトマンの一室にいるような空間。こんな素敵な空間の中で英語やフランス語が学べることに、まずワクワクします。

レイさんは物腰柔らかな紳士で、ニューヨークで大手英会話スクールのベルリッツや私立小中高一貫校で16年間教師をした後、金融業界で10年間勤務。英会話の教師のキャリアだけでなく、ビジネスマンとしてのキャリアもあるので、実践的なビジネス英語&仏語が学べるのが魅力です。

打ち合わせの最中も、言語を学ぶための考え方などをお話してくれました。
「大切なのは、『白』を『白→white』と、頭の中で考えることでなく、白いものをみたときに『white』とイメージで覚えることが大事、と教えていただきました。理論ではなく、感覚で覚える大切さ。日本の英語はどうしても文法や形式などから入っているので頭で考えてしまいがちですが、レイさんのレッスンは頭だけでなく他の感覚の部分を使うので、なんだか勉強している感じがしなくて、楽しい。

そんなレイさんのレッスンのチラシのデザイン。
英語とフランス語が学べるので、「Hello!Bonjour!」というコピーをつけ、おしゃれで紳士なレイさんの横顔をイラストに。白を基調にしたセンスのいいお部屋をイメージした雰囲気にして、このチラシに興味を持った人と、レイさんのパーソナリティーが近づけるようにしました。

レッスン内容も、授業内容で料金が変わるのではなく、授業を受ける場所によって料金が変わるようなシステムを一緒に考えました。カフェで、自宅で、レイさんの家で、スカイプで。マンツーマンで、グループで。学ぶ人のライフスタイルに合わせてフレキシブルに受けられるのが、学校ではなく個人レッスンのいいところだと思います。

このチラシを配布してから半年で、生徒さんは30人以上になったそうです。しかし実はこれはチラシだけの力ではなく、チラシを毎週末国立市内のお店に配布しに尽力し、日本語のお問い合わせも丁寧に対応されている、レイさんの奥さんMaikoさんの力が大いにあると思っています。

デザインする側と、使う側。夫と妻。二人三脚は息が合うと、とても早く走れることがわかったお仕事でした。

※ちなみに、レイさんは生徒さんに合ったレッスン内容にしています。
歌が好きな生徒さんのリクエストで、ギターを弾きながら習っている言語で一緒に歌うレッスン(レッスンの一環として歌で正しい発音を覚える)や、英語でギターを教えるレッスン、出張でフランスに行かれる方のためのビジネス仏語など、様々。
生徒さんの年齢幅は5歳から89歳までと幅広い!

 

レイの英会話&仏会話レッスン
お問い合わせ: rayslesson@gmail.com
ray’slessonのinstagram=#rayslesson

rey'slesson3

レイさんのこと

フランス系アメリカ人。フランスにて工学、アメリカにて教育学の修士号取得。音楽を聴いたり、お料理したりが大好きなジェントルマン。